2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

アフィリエイト

アフィリエイトとは

◆アフィリエイトとは

一言でいえば「成功報酬型広告」の事を言います。

「成功報酬型広告」とはあなたの紹介で取引が成立した場合に
その成功報酬として支払われる広告形態を言います。

アフィリエイトの始まりは「Amazon.com」の創業者の孫が
サイトを立ち上げていて、
「ここに商品を置いて売れたら手数料を頂戴(要約)」と

創業者に持ちかけたのがはじまりであるとされています。

◆アフィリエイト稼業の実態

アフィリエイトマーケティング協会発行の
「アフィリエイト・プログラム意識調査2005」によると

アフィリエイターの七割は月収1000円以下!

毎月3万円以上稼いでいる
アフィリエイターは
全体の2%以下である。

アフィリエイト稼業が如何に厳しいかが伺える。

アフィリエイトのみで
生計を立てている法人、個人もいるので
儲からないと言うのは早計である。

しかし、統計的に見ると極めて限られた
法人、個人のみと言える。

アフィリエイトを始めれば儲かる

という状態ではない。


ただ、アフィリエイト稼業に参加するには
無料ブログサービスとASPに申し込むだけで
簡単に始められる。

始める敷居が低い為、アフィリエイトに
参加するユーザーが急増し
このような数字になった。

という可能性もある。

この辺りは様々なASPが存在してもいることから
その各々のユーザー意識レベルにも絡んで

不明である。

◆アフィリエイト稼業の動向

インターネットが普及しアフィリエイトサービスが
始まった初期には、バナー広告を設置すれば

高い確率でクリックされ、比較的簡単に
報酬を得ることができた。

これには当初、ものめずらしさでついクリック
してしまう人がいたのと同時に

個人が設置したウェブサイトにバナーがあると
閲覧者もクリックすることで閲覧者が

サイト設置者にサイトの存続を望んでいるという
合図にもなったなどの事情も含んでいた。

ことメールマガジンやアンダーグラウンドな
ウェブサイトでは、そういったクリックして

コンテンツ提供者に「投げ銭」することを
正当な行為とみなす「伝統」すら見られた。

しかし、現在では、インターネット利用者が
インターネットの仕組みに慣れ

バナー広告が明らかに広告であると
認識されていることや、インターネット全般に於いて

迷惑メールを含む広告の氾濫にユーザーが
うんざりしていることもあり、バナー広告自体が
非常にクリック率が低い状態にある。

初期には数十パーセントほどの
クリック率を上げていたが
現在では、よほど工夫しない限り
1パーセントに満たない。こういった事情もあってバナー広告が
非常にクリック率の低い状態にあるため

クリック率を上げる方法として
現在では主に文章などの中に

アフィリエイト広告のテキストリンクを含める
などの方法などがある。

◆アフィリエイト報酬の種類

アフィリエイトによって得られる報酬は

主にクリック報酬と
成果報酬の2つがある。

クリック報酬はバーナー、テキストリンク等の
アフィリエイトタグのクリックされた回数によって
報酬が決まる。

成果報酬では、サイトより商品が売れた場合。

あるサービスに関してアクセスした訪問者が
そのサービスに申し込んだ場合に報酬が支払われる。

by「Wikipedia」


 
 
 
 
 
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43272693
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
           

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。