2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

アフィリエイトの問題点

広告主による不正【続編】

アフィリエイトの神様が見ていて目を背けた実態とは

あなたが一生懸命努力をし、がんばって作った実績が
今月は100件!

有頂天でいた、ある日の出来事でした。

ASPの集計表(売上表)を見て「ビックリ仰天!」
なんと!100件の実績が・・・・・・








たったの「5件」しか載っていないのです。
95件消えてしまっているのです。
何で!どうして!ウソでしょう?

アフリエイトの神様は全部見ていたのです。
その全てを知っているのです。

答えは・・・・・


広告主の中には、成果報酬支払いの意思が全く無い
悪質業者が存在すると推測される。

報酬支払い率
(業界ではおおむね承認率と呼ばれている)
数%の広告主は承認率を名目上、

0%にはできないため

一応支払いを実行しているとの名目を作るために
数%の支払いを実行しているに過ぎないと推測される。

これらの悪質広告主の中には知名度の高い上場企業も
含まれ、企業の知名度・規模では全く判断できない。



報酬確定までは長期にもかかわらず
報酬キャンセル実行は早く2、3週間で

キャンセルされ

最終的に数%のみ承認されるケースがある。

そして比較的短期間で広告から撤退したり
一旦広告を停止にしたりを繰り返す。

具体的な例としては、以下のようなものが挙げられる。

正当な成果を却下にしてしまうケース。

このケースが一番多い。

広告主側が認証作業
(成果を承認するか却下するかの作業)する権利を

本システムの特性上保有している為
これを悪用し、正常なアクションを却下にする行為。

これは特定のとあるシステムを持つサイトであれば
却下されたアクションを広告会社に問い合わせて
承認にさせる事も可能である・・・が

一般的なサイトはそのような事は出来ない。

また一般的なサイトがASPに問い合わせても
却下された中の人が実際にどのように動いて
本当に成果となったかどうかの見極めが不可能な為

広告主が適当な理由を付けて結局は支払われない
と言う事が頻発している。

広告主に全ての最終判断が委ねられると言う
アフィリエイトシステムの最大の欠点と言える。

適当に認証作業を行われた場合
ASP、広告掲載側サイト双方が完全に損をする。

アフィリエイトと言うシステムはまだまだ不完全と言える。
by「Wikipedia」

アフィリエイトの神様」のひとこと

自分の経験から成長をする事が大事!

売り上げのチェックは欠かさない事。


 
 
 
 
 
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43276884
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
           

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。