2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

アフィリエイトの問題点

ASP(広告サービス提供側)の問題点

アフィリエイトの神様から見れば

「あっちも、こっちも未熟者ばかり」
とのご意見です。

広告主と契約し、自身のネット媒体(BlogやWebPage)に
広告を貼り付けたにも関わらず、広告が表示されない、
または非常に遅い場合がある。

これは基本的にASPのサーバまたは回線に問題がある
ケースが殆どで、表示されないと当然、収入に繋がらないし、
広告をクリックしても

「サーバが停止しています。時間を置いてアクセスして下さい。」
と言う意味の英語表記がされている事が殆どである。


不正対策が非常に後手後手である。

まだ会社組織として成熟していない業態であると
言う観点から割り引いて考察するとしても、
それでも非常に遅い。

広告主、広告掲載側の両者が不正が起こっていると報告しても、
殆ど対応がなされない。

または対応したにしても、期待している対応ではない事が殆どで、
ASPによっては報告に対する返事もこない事は多々あり
日常的な事と言える程である。

これは顔を突き合わせて話等をせずともビジネスがある
程度成り立ってしまう、インターネットでの出来事であると
見ている風潮があるともいえる。

ただ、広告掲載側や広告主等の扱うサイト数、
対応するサイト数が非常に多い為、煩雑な業務に翻弄されて
居ると言う側面がある事は否めない。

更に、上述の通り会社組織としてはまだまだな点も多いし、
資本力などの影響で人を潤沢に配置出来ないと言う

現実的な問題もあるので、その点を考慮する必要も
あろうかと思われる。
by「Wikipedia」


アフィリエイトの神様」のひとこと

最先端IT産業しかり!

何事もできたては未熟という事を肝に銘じること。



 
 
 
 
 
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43280581
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
           

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。